TERRACE

気をつけるべき事

うつ病は自分の気持ちで治すといったようなことが昔は一般的でしたが、現在では、そうした病気を適切に治療するためのさまざまな治療薬が存在しています。そんな治療薬を利用する場合には注意すべき事もあります。

詳細を読む

ジェネリックを活用

うつ病治療薬の価格は利用する治療薬によって、大きく変動します。また、現在ではジェネリック医薬品の登場によって、治療薬にかかるコストを抑える事も出来るようになっているため、上手に利用する薬を選択することは大切です。

詳細を読む

費用を把握する

うつ病を治療しようと考えた場合に、どの程度の費用が治療薬を購入する時に必要になるかを把握する事によって、うつ病を治療していく上で、必要になる治療費を大まかに計算したりする事も可能です。

詳細を読む

歴史を知る

心の病と言われるうつ病を治療薬を利用して治すことは現在では当たり前の様になっています。しかし、このうつ病の治療薬が一般的になったのはごくごく最近の事であるのです。

詳細を読む

新しい薬もある

うつ病に対して高い効果を持つ治療薬は、今もなお新しいものが開発されています。そのため、新しいものが登場する度に、うつ病治療はより効率的に行えるようになっているといっても過言ではありません。

詳細を読む

上手に治すために

病院などで処方されるうつ病の薬は様々な種類があります。それぞれの特長や副作用などについて知ってから服用するようにしましょう。

うつ病の薬で治療するならこちらのクリニックがオススメです。自分の症状に合わせた治療法を施してくれます。

薬物療法が第一選択となる

 うつ病の治療は、服薬による治療が第一選択となります。うつ病は、神経伝達物質と呼ばれる脳の神経に情報を送る為の物質が減少する事で起こります。薬物治療を行う事で、神経伝達物質を正常に他の神経に送る事が出来る様になります。  うつ病の治療を望んでいる方は、心療内科や精神科に受診する事で薬を処方してもらう事が出来ます。基本的には一種類の抗うつ剤を使用しますが、それに加えて抗不安薬等を併用して使う事もあります。抗うつ剤には非常に多くの種類があります。自分に合う種類や量を調整する為に、治療開始初期には一ヶ月に数回受診をする必要があります。薬の調整は非常に難しく、不適切な使用をしていると症状が悪化してしまう場合もあります。その為、症状が安定するまでは受診計画に沿って受診する様に心がけましょう。

うつ病は初期対応が非常に大切

 うつ病の治療は初期対応が非常に大切です。抗うつ剤は効果を発揮するまでに時間がかかります。しかし前述した様に不適切な服用は症状を悪化する原因ともなります。その為、効果が無いといって自分で飲む事を止めてしまわない様にしましょう。その点、併用して処方される抗不安薬や睡眠剤等は速い効果が期待出来ます。うつ病の初期症状である不安やイライラ、不眠等の症状を軽減させる目的で使用されます。抗うつ剤を使用せず、これらの薬のみで治療が行われる場合もあります。  近年、抗うつ剤の開発や認可の進展が見られ毎年新しい薬が流通される様になってきています。抗うつ剤は多くの場合副作用が強く、患者を悩ませてきました。しかし、近年開発されてきた薬は副作用の少ないものとして注目されています。

現代病と呼ばれるうつ病に効く薬

ストレス社会の現代においてうつ病を発症する方は多くいます。頑張る人ほどにこのうつ病になる確率が高いともされています。うつ病の症状は、食欲不振、何をするにもやる気がでない、睡眠不足などがあげられます。 うつ病を診察してくれる病院は、心療内科が主と言われています。精神病院でも診察は可能ですが、心療内科のほうがうつ病の診察にはより適していると言えるでしょう。治療法としては、長期の療養と薬の処方があります。処方される薬は通常抗うつ剤が多いとされています。抗うつ剤にも色々な種類があり、その症状によって薬は変わります。薬は、効果が強いものから処方され、徐々に弱い薬へと変えていくのが通常の処置だそうです。薬の副作用として、服用後は、眠くなり、体がすごくだるくなる症状が出るようです。

症状を発症する方の数と傾向

病気を発症する人は年々増加傾向しているとされています。うつ病を発症しているにも関わらず自分は違うと思い込んでいる人が多いと聞きます。少しでもうつ病を疑う症状を自覚した場合は、ネット上での簡単なチェックを行うことをおすすめします。症状チェックは、病院でも受けることができますが、多くの場合、病院を警戒する傾向がありますので、そういった場合は気軽にネットのセルフチェックを活用しましょう。 うつ病は決して恥ずかしい病気ではありません。周りの目を気にする人もいますが、数年前と比較してもうつ病に対する理解は進んでいます。また、薬を決まり通り飲んでいれば必ず治る病気です。大事なことは、うつ病と向き合い、治療を確実に行うことです。

うつ病の治療について

うつ病は風邪のように誰にでも発症しうる病気であり、また完治することが出来るものです。但し、正確な情報と知識、加えて専門家(医師やカウンセラーなど)による適切な医療行為、また身近な家族や友人などのサポートがあって初めて完治出来るものです。うつ病の症状が現れたら、まず専門医に受診し、相談することが最良の方法となります。医師や臨床心理士による精神療法やカウンセリングなどと並行して行われるのが「薬物療法」となります。薬物療法と聞くと少し怖いイメージがありますが、必要かつ適切な薬を服用することで、体内の分泌物や脳機能の異常を抑え、正常な状態への回復を促す効果があります。処方される薬剤の量を経過とともに徐々に減らしていき、最終的には全く服用しない状態へと回復させていきます。